清野菜名はバスケ部出身で母親はバレーボール選手だった!空手も上手い理由とは?
スポンサーリンク
Pocket

「やすらぎの刻~道~」や、TOKIOの長瀬智也さんと小学生役を演じていることでも知られている清野菜名さん。

学生時代はバスケットボール部出身で、母親はバレーボールの選手ってホント?!さらに、空手が上手いということもあって、スポーツが得意なのは親譲りでしょうか?

そこで、本日は、清野菜名さんについてピックアップしていきます。

スポンサーリンク

清野菜名がバスケ部だった学生時代

清野菜名さんは学生時代から運動能力に長けていることで知られています。

野球、サッカー、テニスも得意で、子ども時代から男子に混じってドッジボールをしたり、父親と弟とキャッチボールをするなど、やんちゃで活発な女の子だったそうです。

小学生時代から好きな科目は体育と言うほど、球技が得意で、市内の陸上大会にて、ソフトボール投げ2位を獲得。

2009年には、陸上の走高跳では全国大会へ出場するなどスポーツに関しては抜群の運動神経を備えていることがわかりますね。

事務所の公式サイトのプロフィールの特技欄にも、バク転、殺陣、球技など豊富です。

出身校の、日本芸術高等学園では、3年間、アクション部に所属していました。

これまで出演した作品のなかでは、「東京無国籍少女」にて、ロシア兵とのバトルシーンを演じる際、銃を扱うことになりました。

そこで、たった3日間の練習期間という猶予にもかかわらず、銃を自宅に持ち帰ってマガジンチェンジという弾の動きを変化させる方法を身に付けたそうです。

では、なぜ、清野さんはこれほどまでに、運動が得意なのでしょうか?その秘訣は、家族のルーツにありました。

スポンサーリンク

清野菜名の母親も運動神経抜群のワケ

清野菜名さんは、父、母、3つ年上の姉、2歳年下の弟の5人家族です。

お母さんが全日本代表候補に選ばれた元バレーボール選手であったことから、清野さんもその遺伝子の影響で、スポーツが得意なことがわかりました。

清野さんが学生時代、母親に反抗して逃げようとしたら、足の速いお母さんはすぐに娘に追いついて捕まってしまったんだとか・・・お母さんの身体能力の高さにも驚きですね。

清野さんのブログにて、かつて、お母さんと一緒に撮影したプリクラ写真を載せていたことがありましたが、お母さんもすらっと脚が長くてスレンダーな体型だそうです。

プライベートで、お母さんとの仲が友達親子のような清野さん。

家族で外食した時も、お母さんの手作りご飯が美味しいと言うほどの微笑ましさが。

ある日、体調を崩して病院へ行った時も、診察まで待っている際に、「実家にいる時はお母さんと行けたのに心細い」と言うまでの甘えん坊な一面も垣間見れました。

運動神経がバツグンなのは、愛情深さだけでなく、運動能力も高いこのお母さんの血を色濃く引いている可能性が高いですね。

スポンサーリンク

清野菜名はバスケだけじゃない?空手も…

清野菜名さんはバスケットボールだけではなく、空手も出来るのではないか?と言われています。

確かに、この画像のように、スポーツがいかにもバツグンにできそうなポーズをとっていたら、空手もお手の物では?と思ってしまいますよね。

 

View this post on Instagram

おつかれーらいす

A post shared by 清野菜名 (@seinonana) on

一体それはなぜでしょうか?

清野菜名さんといえば、前述したように、得意なことは、バク転、殺陣、球技、陸上、バスケットボールです。

清野菜名さんが、「今日から俺は!」では、金属バッドを持って乗り込んできた不良相手に、格闘する見事なアクションをみせました。

飛んでくるバッドを軽やかに交わす動きなどが話題になりましたね。

この「今日から俺は」にて、清野さんは佐藤二朗さん演じる同情を経営し、空手家の父親の娘、理子を演じていました。

同ドラマでのアクションシーンや、空手が物語に関係することから、清野さんが球技だけではなく、空手も得意なのでは?と感じる人がいたのかと思います。

ジャッキーチェンと格闘し合えそうではないか?と2018年に多くの人達の注目を集めました。

理子は、不良高校生を一瞬で倒してしまえるほどの高い運動神経の持ち主です。

清野さんも理子のように運動に長けているので、そういうところが適任だったかもしれませんね。

スポンサーリンク

清野菜名の芸歴は?

1994年10月14日生まれの24歳です。

名前通りの清楚な顔立ちと、ほんわかしたオーラがある優等生顔ですね。

夏帆という若手女優にも雰囲気が似ています。

出身地は愛知県稲沢市で、血液型はB型です。

女優だけでなく、ファッションモデルとしても知られています。

事務所はステッカー所属。

小・中学生向けファッション雑誌、「ピチレモン」で、2007年に第15回のピチレモンオーディションに出演して、グランプリペンティーズ賞を受賞!

2011年までピチレモンの専属モデルとして活動後は、2009年に、週刊ヤングジャンプとプレイボーイ誌がタッグを組んだ次世代美少女発掘オーディション、「グラビアジャパン」にて、最終候補に選ばれ、準グランプリを獲得。

2011年には以前、所属していた事務所を退社してからアクション養成所にて、アクロバットやボクシングなどの指導を受けます。

その経験を活かして、2014年には園子温の目に止まり、「東京無国少女」という映画でヒロイン役を演じました。

ミラジョボビッチに憧れていて、養成所で受けたアクション訓練では、バタフライツイストという日本の女性では5人しかできないと言われている技を習得できたようです。

2015年以降も、数々のドラマや映画、CMに出演する人気若手女優です。

2007年の当時13歳の時からモデルとして芸能界で活動しているので、芸歴は長いほうです。

TOKIOの長瀬智也さんと演じている、オープンハウスのCMでも大人しげで”ツンデレ”な学級委員長役が可愛いですよね。

昼ドラマ、「やすらぎの郷」では、石坂浩二さんが演じた、「菊村栄」が恋してしまう若い女性、アザミを演じて話題となり、続編の「やすらぎの刻~道~」では、栄が執筆した小説上の人物、しのを演じて現在もその可憐さが大人気です。

「やすらぎの刻~道~」を演じた時も、いじめっこの大柄な男の子を相手に、棒を振り回し、アクロバティックなアクションシーンに、清野菜名、かっこいい!と注目を浴びました。

スポンサーリンク

清野菜名の若い頃もかわいすぎ!

ヘアスタイルを変えた、清野さんです。

プライベートではなく、役柄なのですが、黒髪であることがドラマや映画でも多い清野さんのヘアカラーチェンジはイメージががらりと変わりますよね。

 

赤いショールとルームウェアのようなスタイルが、まるで、高原のお嬢様を思わせる優しげなオーラがあるスタイルですね。

チョコレートブラウンのヘアが清野さんが本当にしていてもおかしくない髪型です。

ちょっと毛先がくるんと外跳ねのカールになっているところもチャームポイント。

こちらの茶髪のショートカットもボーイッシュでさっぱりして見えますね。

黒髪ショートが定番の清野さんですが、茶髪も似合います。

前髪な斜めにしているところもオトナヘアに見せるポイントです。

 

こちらは、清野さんが高校生時代の時のプライベートで同級生と撮影したプリクラです。

現在と雰囲気がガラッと変わるギャルスタイルで、左側が清野菜名さんになります。

ロングヘアが巻き髪になっていて、きれいめなティーンの女の子っていう感じです。

お顔の表情が、同じく女優として活躍している、山本舞香さんによく似ていると思いませんか?

高校生時代から、可愛さと年齢よりも大人びたところが表情に出ていましたね。

無邪気で元気いっぱいに笑うところは当時から変わらないことがわかります。

グレーや、銀髪に近いショートヘアで、2次元のアニメのような非現実的なオーラがあります。

2次元を原作とした作品に、キーパーソンとして出たら話題になりそうです。

ちょっと小悪魔でボーイッシュなところがストリートガールを思わせる髪型なので、真似したくなりますよね。

え?!これ、清野菜名ちゃん?!って思ってしまいますよね。

原宿系ファッションを彷彿させるブルーの奇抜で個性的なヘアスタイルだった時もありました。

顔を見ないと清野さんだってとてもわかりにくいですよね。

これは、「LOVE理論」というドラマに出演していた時の髪型です。

よく清野さんはショートカットが多いですが、さっぱりした髪型が好きなのかもしれませんね。

清野菜名はバスケ部出身で母親はバレーボール選手だった!空手も上手い理由とは?感想まとめ

清野菜名さんは元前日本代表のバレーボール選手だった、お母さんの遺伝子が強いのか、バスケットボールだけでなく、走高跳や、ソフトボールなどに長けており、運動神経の高さを、映画やドラマで活かしています。

清野菜名さんのヘアスタイルは清純派な黒髪だけでなく、青い髪、ブロンド、茶髪など大人しそうな容姿とギャップのある個性的なヘアスタイルが多いです。

「今日から俺は」にて、佐藤次郎さんが演じた、空手家の父を持ち、どんな強い不良でも一瞬にして倒せてしまう女子高生、理子を演じたことから、清野菜名さんは空手もうまいのか?と思われていたようです。