飯島寛騎の私服がカワイイ!身長や体重と出身大学が超意外な件
スポンサーリンク
Pocket

飯島寛騎さんという俳優をご存知でしょうか?

1996年8月16日生まれの俳優で、米倉涼子さんや武井咲さんと同じ、オスカープロモーション所属です。

まだ22歳と若手で、青山表参道Xという男性劇団のメンバーの一人でもあります。

代表作は、お父さん世代から現代の男の子も夢中にさせている仮面ライダーシリーズの、「仮面ライダーエグゼイト」に出演。

そこで、本日は、飯島寛騎さんのInstagramに投稿されたおしゃれな私服姿はもちろん、スタイルの良さを感じさせる身長と体重、出身大学についてピックアップしていきます。

仮面ライダーシリーズのイケメン俳優さんが好きなママさんも必見ですよ。

スポンサーリンク

飯島寛騎のインスタで発見!カワイイ私服

 

この投稿をInstagramで見る

 

霜月だねぇ。あ、インスタ始めて1年って事で去年と同じ奴やったいつもありがとうございます。

飯島寛騎さん(@hiroki_iijima_official)がシェアした投稿 – 2018年11月月1日午前3時53分PDT

上記の画像のウィンクしている姿が、「初めて恋をした日に読む話」の横浜流星さんに雰囲気や目元が似ていますね。

スポーティーなスタイルなので、女子の皆さんがスノーボードを楽しみたくなるような感じです。

飯島寛騎さんは、北海道札幌市出身。

だからこそ、雪のように色白でお肌が透明感があるんですね。

血液型はB型です・・・いかにも、マイペースそうで、儚げでのほほんとした顔をしています。

学生時代はバスケットボールと陸上に打ち込んでいて、大学進学後は、バレーボールのサークルに所属して青春を謳歌したそうです。

大学在学中の2015年当時は、大学1年生でした。

この頃に、ジュノン・スーパーボーイコンテストのグランプリに選ばれました。

北海道出身でグランプリを獲得したのは、1989年の第2回、武田真治以来の記録です。

この他にも、山本裕典さんもジュノンボーイを同時期に獲得していますね。

2016年8月中旬頃に、同年10月2日放送開始の「仮面ライダーエグゼイト」で主演を務めることが発表されました。

その1年後の2017年には、オスカープロモーションが創立47年にして初めての試みとなる、男性エンターテイメント集団男劇団、青山表参道Xに加入しました。

飯島寛騎さんの私服のセンスは年相応のファッションであると同時に、スタイリッシュな服装選びが多いですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

DUeT🚶‍♂️#発売中です

飯島寛騎さん(@hiroki_iijima_official)がシェアした投稿 – 2019年 4月月12日午前2時39分PDT

オレンジのパンツが今年の秋ファッションにも活かせるのではないでしょうか?

それと、飯島さんが履いているスニーカーのデザインがなんとも個性的ではありませんか?いくつかのカラーが混じっていて、オレンジと青のラインが良い意味で目立っています。

オレンジのパンツとスニーカーを組み合わせる方法が上手いと飯島さんのInstagramにコメントが殺到したほどです。

イケメンに近づきたい!女の子にモテたい男性も、飯島寛騎さんのファッションは参考にしてみるといいかもしれません。

また、彼氏に、旦那に飯島さんのようなファッションを着てほしいと思っている女性にもおすすめのコーディネート術ではないでしょうか。

クールながら、色使いのバランスが素敵ですね。

中に着ているチェック柄のブラウスが、プレッピースタイルで、ゼミに一人はいそうなおしゃれで女子から学食で一緒にランチしたくなるようなスタイルをしていると思います。

続いて下記の画像を見てください。

こちらの飯島さんはなんだか、ミリタリーテイストで、ストリート系なファッションを纏っていますね。

ナイトクラブで踊っていたり、DJをして女性客に囲まれているような雰囲気があります。

サングラスを頭にちょこんと小粋な感じで乗せているところも、クールでもあり、ちょっと若者独特の可愛らしさが。

小悪魔のような小生意気さと大人の男性の色気が掛け合わさったスタイルだと思います。

とてもファッションの着こなしが上手い飯島さんですが、実は、現在の俳優の仕事に就く以前は、アパレルのバイトをしていたとのこと!

だからこそ、ファッションのコーディネートには自信があるのだと某インタビューで答えていました。

高校時代からキャリアが豊富な飯島さん。

これまでに、飲食店、引っ越し屋、大学進学後は、スポーツに打ち込むだけでなく、居酒屋スタッフ、イベントスタッフ、農家のお手伝いとして、稲刈りの仕事まで多岐に渡社会人経験を積んでいることがわかりました。

基本的に、「時給の良いバイト」を基準にして様々な業界に飛び込んでいたので、チャレンジ精神や行動力が広いともいえます。

元々、アパレルには興味があり、仕事内容を知って選んだそうです。

彼曰く・・・「僕、地元が北海道なんですけど、地元にあった好きなアパレルメーカーの店員さんに、バイト募集していませんか?って声掛けしたら、雇ってもらいました」という積極的で自立心がある人柄もうかがえますね。

アパレルスタッフの仕事を経験して今の自分のメリットになったことや学んだことを問われると・・・

洋服のコーディネートの仕方が学べたことや、販売のバイトはお客さんが福を購入してくれるように、如何にこの服に魅力があるかをプレゼンする、今では俳優としての自分をプレゼンすることに役立っていると語っていました。

とても、ポジティブに物事を捉えられる人のようです。

元々、人見知りな一面があるという飯島さんでしたが、アパレルの仕事をするうちに、人見りが減ったと言います。

しかし、自分から興味のあるアパレルブランドの店長にバイトを募集していないかと声を掛けて仕事を始めたり、時給の高さを基準に様々な職業を経験するなどといった行動からして、とても人見知りがあるように見えませんよね。

この投稿をInstagramで見る

 

LONGCHAMP ポップアップ。素敵なデザインでした😎✨ #longchamp

飯島寛騎さん(@hiroki_iijima_official)がシェアした投稿 – 2019年 5月月17日午前3時58分PDT

この他にも、ジュノンボーイに選ばれてから事務所に声を掛けてもらい、最初の俳優としての仕事だった、「仮面ライダーエグゼイト」の仕事に関しては、新しい自分を開拓していかなければならないというプレッシャーや葛藤があったようです。

ジュノンボーイには、飯島さんのお母さんが応募しましたが、飯島さん自体は、芸能界に興味がなく、あまり乗り気でなかったようです。

いっぽうで、いとこが消防士だったので、消防士に憧れていたとのこと。

最初は、思う様に演技が上手くいかず、監督からダメ出しやNGを出されることが多かったという飯島さん。

ですが、「仮面ライダーエグゼイト」が2クールめに突入した当時、自分のことばかりに目を向けていて、周囲を見渡して演技をしていなかったと反省し、外面だけでなく、内面から人間性を演じようと切り替えたそうです。

今どきの若者に見られがちなあまり将来について何も考えていない、自分がどうなりたいか関心がない人が多いなか、飯島さんは精神的な年齢が実年齢よりも成熟しているように感じられます。

それは彼が、自分で自分の土台を作り上げようと、日々、たゆまぬ努力や自分自身が成長したいという気持ちが強いからなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

飯島寛騎の身長と体重が理想的!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ありがとうそしてこんにちは

飯島寛騎さん(@hiroki_iijima_official)がシェアした投稿 – 2019年 4月月30日午前6時03分PDT

身長が178センチですが、ジュノンボーイ当時の身長は175センチで、体重は57キロだったそうです。

これは、ジュノンボーイコンテストで公式に公表されていた飯島さんの身長と体重として知られていますので、信憑性が高いでしょう。

身長に関しては現在より伸びた可能性がありますね。

体重に関しては現在は分かりませんでしたが、細身の飯島さんは、当時のままの体重をキープしているか、当時よりも2~3キロ増えたのではないかと予想されます。

スポンサーリンク

飯島寛騎の出身大学は北海道

札幌大谷大学出身です。

北海道では最初にして唯一の4年制音楽系大学として知られています。

2012年には音楽学科と美術学科で構成されている芸術学部となりました。

国内最北の芸術学部として、礼芸の愛称で親しまれている有名な大学のようですね。

芸術分野に特化した大学を卒業した飯島さんの感性の豊かさが私服のファッションにも反映されているかもしれませんね。

スポンサーリンク

仮面ライダージオウの飯島寛騎がイケメン!

 

宝生永夢という役柄です。

役名からして、キラキラネーム・・・(笑)もしもママさんがお子さんに付けるには、飯島さんのように容姿に恵まれていたら得する名前ではないでしょうか。

また、子どもの頃から仮面ライダーに憧れを抱いていた夢を実現させたようです。

飯島さんが「仮面ライダーの役者」として世に知られるようになったのは、2016年から2017年にかけて放送されていた、「仮面ライダーエグゼイト」ですが、それ以前の2016年9月25日に放送された、エグゼイトの前作、「仮面ライダーゴースト」の50話が最初の出演でした。

エグゼイトシリーズの続編、仮面ライダージオウにも、3話と4話に友情出演しています。

仮面ライダーエグゼイトが好きなお子さんからも飯島さんの宝生役はかっこいいと好評でしたが、この決めポーズを決めている様子などは、仮面ライダーを見ているママさん達や、仮面ライダーの俳優ファンの女性からも人気で、現在でもSNS上では、飯島さん=仮面ライダーの俳優という認識をされているかたが多いようです。

また、最後の仮面ライダーシリーズの出演は、「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」で宝生永夢でした。

飯島寛騎の私服がカワイイ!身長や体重は?気になる出身大学はどこ?感想まとめ

  1. 飯島さんは行動力があり、広い視野で自分を見つめて俳優以前のキャリアを積んでいき、今の自分をつくり上げた人でした。
  2. 飯島さんの身長と体重は、身長178センチ、体重はジュノンボーイをしていた当時からあまり変わらないか2~3キロ増えた57キログラム前後と思われます。
  3. 仮面ライダーの俳優として世の女性に認知度が高いです。
  4. 飯島さんの出身大学は、札幌大谷大学で、芸術に特化した有名校です。