イチェミの現在と子役時代の顔が違う?プロフィールや経歴・インスタやツイッターが気になる!
スポンサーリンク
Pocket

日本でも放送されているドラマ、「Two weeks」では、ソ・スジンとして知られる子役、イ・チェミさん。

他の代表作や、現在は何歳なのか?経歴やSNSをしているのか気になりますよね。

スポンサーリンク

イチェミの現在と子役時代の顔を徹底比較!

韓国ドラマに欠かせない存在感と愛らしさ、視聴者の涙腺を時にウルッと緩ませてくれたり、無邪気な天衣無縫の姿に癒されることが多い子役さん。

日本でも、日テレドラマ、「Mother」などでの名演技で知られる、中学生女優、芦田愛菜さんや、「Two weeks」の日本版で、青柳はな役を演じる8歳の子役、稲垣来泉(くるみ)さんも話題ですよね。

日本では、稲垣さんが天使レベルにかわいすぎる!と話題ですが、韓国版、Two weeksの子役の情報も知りたいですよね?

こちらがその子役、現在13歳の、イ・チェミさんです。

「Two weeks」の時からだいぶ、成長が見られて、小さな女の子から、「お姉さん」に近づいている気がします。

子どもの成長って早いですよね。

元々なのか、お人形さんのようにまつ毛が長くてくっきりした二重まぶたが愛らしいと思いませんか?

子役の時は、「Two weeks」で白血病と闘う、ソ・スジン役であったり、現在は、夫婦の間いる思春期の平凡な娘役が多いです。

その他にも、「狂った愛」や、JTBC放送の「宮中残酷史~花たちの戦争~」で、幼少期のヤム・ジョン役としても活躍しました。

「狂った愛」では当時8歳ながら、優れた演技力で視聴者を惹きつけたと話題になったこともあります。

「狂った愛」は、「黄色い福寿草」や、「ガラスの仮面」でも知られる韓国の放送局、tvNの連続ドラマとして知られています。

孤立している状況にいるユンミソという青年が財閥の息子、イミンジェと泥沼結婚生活を乗り越えて、新しい恋人、ソギョンスに出会って、狂った愛に至る困難に立ち向かう物語だそうです。

この作品のなかで、イ・チェミさんは、ユンミソとイミンの愛娘、へラム役を演じ、抜群の演技力でドラマの没入度を高めました。

特に、へラムへの復讐を企てているハンナ・ヨウンに誘拐されたあと、懸命に母親のイミンを探し続ける姿に涙腺崩壊した視聴者が続出したほどでした。

この時、当時8歳だったみたいですね。

狂った愛の監督、イ・チャハンによると、「イ・チャミさんは狂った愛が発掘した宝石といっても過言ではない、普通の大人の俳優に劣らない生まれつきの演技力で連日製作スタッフの賛辞を受けたほどの能力をうかがわせる。これから本当に期待される子役だね。」と太鼓判を押したほど。

元子役俳優の、ギム・ユビンさんに続く、「第二のギム・ユビン」なのでは?ともいわれています。

それだけでなく、「白詰草(シロツメクサ)」でも、心臓病を持つ、スンナムとスジンの一人娘を演じたことも。

二度も病児の役を演じて好評なんて相当、只者ではない感じがしますね。

デビューした時から、天才子役といわれている実力の持ち主だそうです。

いっぽうで、ドラマ「品格のある彼女」では、「Two weeks」のスジンの時とは打って変わって、こまっしゃくれた女の子、ジフを演じ「Two weeks」の時とかなりギャップがある演技で注目されました。

お顔だちが、人気中学生子役、谷花音さんと、本田望結さんに似ているとおもいませんか?

あどけなさのなかに、女の子から成長していく大人っぽさが相まっているところや全体的な雰囲気が近いなって思います。

なんと、この可愛らしさゆえに、「Two weeks」2013年夏季の放送当時は、イ・チェミさんが子役として、主人公、ユジュを演じた俳優の、イ・ジュンギさんに対してジュンギさんのファンが嫉妬している意見をSNS上に書き込む事態にもなりました。

2013年という年代や、ほぼ、イ・チャミさんへの根拠のない悪意あるコメントですので割愛させていただきます。

当時、たった8歳ぐらいの子役、イ・チェミさんに対し、大人げない人もいたということがわかりますね。

スポンサーリンク

イチェミのプロフィールや経歴は?

2006年6月23日生まれで、現在は13歳

漢字で名前を表記すると、李彩美というそうです。

日本人だと、中条あやみさんのように、「あやみ」と読みそうになりますが、チェミです。

李香蘭という往年の韓国の大女優の苗字である「李」という字も、「イ」と読むそうですね。

凛としていて、素敵な女性に成長していきそうな名前だと思います。

芸能界デビューのきっかけなどを調べてみたのですが、残念ながら韓国の子役ということもあり、知名度の低さから情報があまり得られませんでした。

日本では、「Two weeks」の「スジンちゃん」という認識しかないようで、芸能界入りのきっかけや兄弟・姉妹の有無などはわかりません。

ですが、イ・チャミさんのファンの方の小規模な某ファンサイトからの情報によると、家族構成は両親のみかもしれないとのこと。

中国は、一人っ子政策が多いので、もしかしたら、一人娘の可能性が高いと思われます。

13歳とのことですので、女優以外での職業は、中学1年生か2年生ぐらいですね。

イ・チェミさんは、「白詰草(シロツメクサ)」チャ・ジュニョン役「品位のある彼女」アン・ジフ役「Two Weeks」ソ・スジン役などで知られています。

画像のように、「Two weeks」の稲垣来泉さんが日本版で演じているのと同じ、白血病と闘いながら、無実の罪による濡れ衣で逃亡中の父の帰りをけなげに待つ、スジン。

Two weeksで父親役を演じていた、イ・ジュンギさんも、イ・チェミさんの演技力の高さには舌を巻いているほど。

「年齢にそぐわないほど演技がうまい」とべた褒めしていました。

特に、劇中で、「お父さん」を意味する、アッパァと言う韓国語を使うので「Two weeks」韓国版の放送から時が経過した2019年でも、その姿が忘れられない人もいるみたいですね。

スポンサーリンク

イチェミはインスタやツイッターやってる?

https://www.instagram.com/p/BzC9NCwJRcb/

イチェミさんは、インスタグラムのアカウントを持っています。

SNSはこれだけって感じがしますが、昔と変わらない可愛らしさと色っぽさが感じられますね。

韓国の子って日本人よりも大人びている雰囲気があるので、女優としてだけでなく、容姿の成長も楽しみです。

スポンサーリンク

イチェミの現在と子役時代の顔が違う?プロフィールや経歴・インスタやツイッターが気になる!感想まとめ

イ・チェミさんは、可愛くて人気がある子役ですが、その愛らしさから「Two weeks」で共演した、イ・ジュンギさんとの親子役にもかかわらず、視聴者のイ・ジュンギさんのファンから嫉妬されたことも。

イ・チェミさんは、日本だと「Two weeks」で知名度が高いようですが、「狂った愛」で誘拐されてから母親を探すけなげな姿が、同作品の監督、イ・チャハンさんも「普通の大人に劣らない生まれながらの演技力を持っていて、今後期待している子役」と好評。

「Two weeks」で父親役をしていた、イ・ジュンギさんも、「イ・チャミさんの年齢にそぐわないほど演技が上手い」とべた褒めしていました。

イ・チェミさんはインスタグラムをもっていて、年相応のティーンエイジャーらしい友達や子役仲間と写っている微笑ましい写真が多いですね。
日頃の私服もファッショニスタのように可愛さとトータルバランスのコーディネートがうまいので、トレンドに敏感な様子が伝わりました。